スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井憲徳物語 vol.003

~高校時代~

 中学時代に打ち込んだ柔道。がむしゃらに練習をした結果、全国大会でも華々しい成果を残すことができ、宇都宮のスポーツの盛んな某有名校からスカウトが来ました。


某有名校といえば、文武両道にすぐれた学校で、特にスポーツにおいて、栃木県内のリーダー校的な存在でした。特に私が入部した柔道部はそれまで3連覇しており、県内では目下敵ナシの強豪でした。

 
そんな某有名校の柔道部。当然、特待生で入学するメンバーは猛者ばかり。100kg以上、180㎝以上という体格の選手が多く。163㎝、70kgという小柄なわたしはひときわ目立つ存在でした。

 
そんな中で開かれた「腕ずもう大会」。自分よりも大きなメンバーを次々とやぶり続け左右で一番になりました。
小さい自分のチカラがあんなに大きな選手たちを・・。
この出来事は、団体のレギュラーの座を目指す自信になりました。

 
 ここで柔道だけに集中できると思っていたが、私のまえには運動部伝統の上級生、下級生の問題が待ち構えていました。
厳しい練習後、寮に帰れば、マッサージ、洗濯、炊事等先輩の身の回りの世話。

今の時代では考えられないほどの厳しさでした。
どんなにつらい練習からも逃げ出すことがない私も一度だけ逃げ出しました。
スポンサーサイト
プロフィール

ATCフィットネス

Author:ATCフィットネス
ATCフィットネス、MAXジムの情報をお届けします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。